墨田区両国で腰痛・坐骨神経痛に特化した 両国さいち整骨院

03-6240-2776

定休:木曜日

03-6240-2776

営業時間 9時~13時 15時~20時 土日祝18時まで  

予約はお電話
にて受付

社交ダンス後に出た膝内側の痛み

社交ダンス後に出た膝内側の痛み

こんにちは、両国さいち整骨院の馬場です。当院で整体を受けられて良くなられた方をご紹介する症例ブログ、今回は膝の痛みです。

■来院された方:58歳・女性
■主な症状:膝の内側の痛み

来院までの経緯


普段から社交ダンスをたしなんでいる方で、1年前に膝が痛くなり整形外科でのリハビリに通院していましたが症状に変化なくごまかしながら生活されていました。

当院に来院する1週間前、ダンス中にターンをした際に膝の内側に強い痛みが走りました。 1週間たっても痛みが変わらず足を引きずるほどの状態でした。
心配した友人からの紹介で来院されました。

初回来院時の主な悩み


初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

  • 痛くて真っすぐ歩けない
  • 1週間、ほとんど痛みが変わらないのが不安
  • 2ヶ月後に海外旅行にいくので、それまでに歩けるようになりたい
  • 社交ダンスと仕事に支障がないようになりたい

初回来院時の体の状態

  • 靭帯損傷のテスト法は陰性
  • 荷重時のみ痛みが出て負荷がかかっていない状態だと痛みがない
  • 膝の内側にピリピリとした痛み
  • アキレス腱、太腿の筋肉に緊張が見られる

施術経過

1回目~4回目

靭帯損傷の疑いが薄くなったので、膝の施術を行いました。 膝が痛い場合、膝だけでなく股関節、足関節、中足骨、腰椎などトータルで診ていかなければいけません。膝関節が単体で動くことはほぼないからです。

1回目の施術で足を引きずらずに歩いて帰れました。
4回目までは膝の内側にピリピリとした痛みが残っていましたが、基本的な膝の施術を行っていきました。

5回目~8回目

この方から相談があり、社交ダンスを再開したいとのことでした。しっかり良くなるまではおすすめしませんが、良くなるのに時間がかかってもいいのならと許可しました。

基本的にはしっかり痛みが取れるまでは、痛みが出た動きを再開するのはおすすめしません。ただ、ダンスを再開したいと思ったのは、良くなっている証拠です。
実際に、8回目終了時点で、日常生活にはほとんど問題ない状態でした。

あとは、社交ダンスや長時間の歩行でも痛みが出なくなれば終了です。

9回目~13回目

社交ダンスの後と仕事終わりに膝の痛みが出るが、ほとんど気にならなくなりました。
海外旅行が近づいてきたので、最後に膝周囲だけでなく全身の調整を行い、旅行中も痛くならないような身体を目指して施術しました。

なんとか間に合って、旅行も楽しめたとのことです。

院長から

新大阪整体 院長 加藤先生2膝の痛みの場合、痛みが抜けるまでに少し時間がかかることが多いのですが、この方は普段から運動をされていたので痛み自体は早めに取れました。

趣味のダンスを楽しみたいのと2ヶ月後に旅行があるとのことでしたので、痛みを取るだけでなく再発しにくいように時間を掛けて施術しました。
結果、途中から社交ダンスを楽しめましたし、長時間歩いても痛みも出ずに旅行を満喫できたとのことです。

膝の痛みは計画的に施術を行うことが早期に症状をとる秘訣になります。

膝の痛みついてはこちら