墨田区両国で腰痛・坐骨神経痛に特化した 両国さいち整骨院

03-6240-2776

定休:木曜日

03-6240-2776

営業時間 9時~13時 15時~20時 土日祝18時まで  

予約はお電話
にて受付

冷たいの?温かいの?湿布の使い分け

冷たいの?温かいの?湿布の使い分け

「冷湿布と温湿布はどっちを貼ればいいですか?」と聞かれることがよくあります。
基本的には心地よい方であればどちらでも構いません。

一般的には、急性のときには冷湿布で、慢性症状には温湿布が適していることが多いようです。

冷湿布と温湿布の違い


湿布は、肩こりや筋肉痛などの筋肉の痛みや打撲や捻挫などのケガのときに行う対処法として用いられる貼り薬です。どばたでも気軽に使えるので、みなさん1度は使ったことがあると思います。

冷・温湿布とも、消炎鎮痛作用がメインですが、成分が少し違ってきます。
冷湿布には「メントール」、温湿布には「カプサイシン」という成分が含まれていて、これが肌に触れた時の冷たい感じや温かい感じを作り出しています。

冷湿布の使いどころ

冷湿布に含まれる「メントール」は触れるとひんやりとした感じがします。
ぎっくり腰や捻挫などで痛めたところが「ジンジン」する急性の症状の場合は、冷湿布のほうが良いでしょう。

ただ、捻挫や打撲などで大きく腫れてしまった場合は、氷水などで冷やすほうが効果的です。

温湿布の使いどころ

肩こりなど慢性的な痛みには、温湿布のほうがおすすめです。

温湿布には唐辛子の成分である「カプサイシン」が含まれていて、肌に貼るとポカポカとした感じがしてきます。
お風呂に入って温めたりしたときに、楽になったり気持ち良い感じがしたときには、温湿布のほうが良いでしょう。

使ってみて気持ち良い方を使うのがオススメ

どちらの湿布も、消炎鎮痛剤が入っているので効果としては一緒です。

あとは使う本人の感覚次第。

温湿布のほうが楽になる気がするなら温湿布。
冷湿布のヒンヤリ感が好きなら冷湿布を使うのが良いです。

難しく考えずに好きな方を選んで使いましょう。