墨田区両国で腰痛・坐骨神経痛に特化した 両国さいち整骨院

03-6240-2776

定休:木曜日

03-6240-2776

営業時間 9時~13時 15時~20時 土日祝18時まで  

予約はお電話
にて受付

立ち仕事で起こる腰痛は足をケアすると効果的

立ち仕事で起こる腰痛は足をケアすると効果的

座っているとそうでもないけど、長時間立っていると腰が痛くなりませんか?
そんな腰痛は、腰が原因ではなく足に原因があるのかもしれません。

「仕事で長時間立っていると腰が痛くなるけど、動き出すと少しましになるから大丈夫」と思っている方も、腰に痛みを感じている時点で決して良い状態ではないので気をつけましょう。
腰は負担がかかりやすく放って置くと椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などを引き起こしてしまいます。
そういった病気にならないためにも早めの対処が肝心です。


実は、立っているときよりも座っているときのほうが椎間板にかかる負担は大きくなります。

では、なぜ立ち仕事で腰が痛くなってしまうのでしょうか。
それは長時間立つ姿勢を維持することで疲労が溜まった足の筋肉が悪さをしているのです。

足の筋肉は骨盤につながっています。
立ち仕事などで足の筋肉がパンパンに張ってくると骨盤を下に引っ張ってしまいます。
そうすると骨盤の動きが悪くなってしまい、骨盤の上にある腰に負担がかかってしまうのです。


腰がつらいと腰のマッサージをすれば解決すると思うかもしれませんが、どういった状況で痛くなるかにより対処法が違ってきます。
立ち仕事で腰がつらくなる方は、足の筋肉の硬さを解消してあげると楽になりやすいのです。

自分で簡単にできることは、ももの前と後ろの筋肉のストレッチやマッサージです。
前かがみがつらい場合は後ろの筋肉を、腰を反らすのがつらい場合はももの前の筋肉をほぐしてあげましょう。

ふくらはぎやアキレス腱を緩めてあげるのも効果的です。
それだけでも少し軽くなると思いますが、さらに効果を上げたいのならばお尻の筋肉を緩めてあげると良いでしょう。

ここで注意点。
自分でアプローチするときには必ず片足づつ行ってください。
早く終わらせようとして両足いっぺんにストレッチをしてしまうと、逆に痛めてしまう可能性があります。


つらくなったときだけでなく、普段からしっかりとケアしておくと腰痛の予防にもなりますので、継続的に行うことをオススメします。
しかし、自分でやるのには限界があります。

そんな時は、腰痛専門整体を行っている当院にご相談ください。
こちらから