墨田区両国で腰痛・坐骨神経痛に特化した 両国さいち整骨院

03-6240-2776

定休:木曜日

03-6240-2776

営業時間 9時~13時 15時~20時 土日祝18時まで  

予約はお電話
にて受付

キーボードフィンガーをご存知ですか?

キーボードフィンガーをご存知ですか?

キーボードフィンガーというのをご存知ですか?
仕事などでパソコンをよく使う人に、手や指に痛みが出てしまう状態のことです。

現代の人達は、仕事でパソコンを使う機会が増えています。
少し前までは、手をよく使う仕事やスポーツに打ち込んでいる人、産後の女性に多かったのですが、最近は職業や年齢に関係なく手の痛みを訴える方が多くなっています。
長く使った時につらくなるだけだからと放っておくと、腱鞘炎になってしまうこともあります。
一度、腱鞘炎になってしまうと治るまでに時間がかかってしまいます。

そうならないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

気を付けるのは、手首と肘の角度です。
キーボードを叩く時、手首を上にそらした状態になります。
この状態だと、うでの筋肉が緊張した状態になってしまいますので負担が掛かりやすいのです。

肘から手のひらまでが一直線になるように、手首の下に丸めたタオルやリストパッドを置くと予防になります。

肘の角度も大切です。
パソコンが体から離れた位置にあると肘が伸びた状態になります。
肘が伸びた状態でタイピングをすると、腕の筋肉にも負担が掛かりやすくなり痛くなりやすいのです。
肘は90〜100度ぐらいにするのが 理想的です。

手首や肘の角度を良いポジションに持っていくためには、座る時の姿勢が大切になってきます。
背中が丸まっていたり、足を組みながら座っていると肩や腕を効率的に使えなくなってしまいます。
ポイントは骨盤を立てて座るという事です。
下腹部を意識して座ると骨盤を立てて座りやすくなります。
うまくできない時は、おしりの下や腰と背もたれの間にクッションなどを入れて調整してみても良いでしょう。

パソコンを使って手が痛くなる人は、うでの位置と座り方、この2つを変えるだけでずいぶん違うのが実感できると思います。

パソコンでの作業時間を快適に過ごせるように、今日からでも意識して取り入れてみてくださいね。