墨田区両国で腰痛・坐骨神経痛に特化した 両国さいち整骨院

03-6240-2776

定休:木曜日

03-6240-2776

営業時間 9時~13時 15時~20時 土日祝18時まで  

予約はお電話
にて受付

寝起きの腰痛はお腹の筋肉が原因

寝起きの腰痛はお腹の筋肉が原因

起きる時に腰に痛みを感じてしまうと、朝から憂鬱になってしまいますよね。

今回は、朝の寝起きの腰痛についてです。

なぜ、寝起きに腰が痛くなってしまうのか?

ポイントとなるのは筋肉です。

筋肉は、使っていると疲労がたまり固くなります。

固くなった筋肉は、動きが悪くなり血流量も下がるので発痛物質が発生し、腰痛が起こります。

しかし、筋肉は使いすぎで固くなるだけでなく、使わなさすぎても固くなるのです。

寝ている間はあまり筋肉を動かさないので固くなり、固くなった筋肉を急に動かすので痛みが出やすくなります。

からだを動かし始める時には大きな出力が必要になりますので、睡眠で数時間動かさないでいることが朝起きたときの腰痛を引き起こすきっかけになります。

ですので、寝ている間に定期的に寝返りをすることが大切です。

朝起きるときの腰痛の原因として最近言われているのが、寝ているときの姿勢だったり寝返りの少なさです。

寝返りが少ない人は寝返りが多い人に比べて、腰痛に悩んでいる人が多いと言われています。

寝返りが少ないと同じ姿勢で居続けるので、筋肉が固くなって血流が悪くなり発痛物質が滞ってしまい痛みを引き起こします。

さらに注意するのは寝るときの姿勢です。

寝起きの腰痛でお悩みの方は、仰向けよりも横向きのほうが楽ではありませんか?

横向きが楽な場合は、腰の筋肉が原因なのではなくお腹側の筋肉に問題があります。

横向きの姿勢は、お腹側の筋肉が緩んだ状態です。

問題となる筋肉を緩ませて痛みが減る場合は、その筋肉が原因で痛みを引き起こしている場合が多くあります。

今まで施術してきた中で、以下の筋肉が寝起きの腰痛に効果のあった筋肉です。

・大腰筋
・内転筋
・恥骨筋
・大腿直筋

その中でも特に重要なのが大腰筋です。

この筋肉をしっかりと緩めることが出来ると、寝起きの腰痛のお悩みが解消されることが多く見られました。

寝起きの腰痛の改善は、お尻や腰の筋肉でなくお腹側の筋肉をしっかり緩めるといい結果が得られるでしょう。