墨田区両国で腰痛・坐骨神経痛に特化した 両国さいち整骨院

03-6240-2776

定休:木曜日

03-6240-2776

営業時間 9時~13時 15時~20時 土日祝18時まで  

予約はお電話
にて受付

脊柱菅狭窄症を根本改善させたいあなたへ
手術や薬に頼らずにしっかり歩ける健康な体を取り戻しませんか?

脊柱菅狭窄症でお困りのあなたへ

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 少し歩くとおしりや足に痛みが出て歩けなくなる
  • 買い物や旅行に行きたいけど長い時間歩けないのであきらめている
  • 病院に行ったけど、シップと痛み止めだけで痛みが変わらない
  • 足に力がうまく入らずによくつまづくようになった
  • 10分に1回休憩しないと足が痛くなってくる

一つでも当てはまれば当院の整体があなたのお力になれます。

病院でリハビリに通っていても一向に改善されない脊柱菅狭窄症によるお尻や足の痛みは、アプローチする場所を間違っているのかもしれません。
本当に問題がある場所を見つけ出し的確にアプローチすれば、あなたの症状は変わっていく可能性が高いのです。

当院なら病院や整骨院、鍼灸院でも治らず諦めていた方でも改善のお手伝いができます。

当院の痛み・しびれの専門整体を受ければあなたもこのようになれます。

  • 長く歩けるようになって趣味や買い物を楽しめるようになる
  • 痛みを気にすることなく生活ができる
  • 湿布や痛み止めに頼らない生活を送れるようになる
  • スタスタと歩けるようになり5歳若く見られる
  • 外出する機会が増え、充実した毎日が送れるようになる

あなたが今までのように、しびれや痛みに悩まない快適な日常生活を送りたいのであれば、当院の整体をぜひ受けてみてください。

両国さいち整骨院で脊柱菅狭窄症を解決された方の喜びの声

以前は10分歩くと足が痛くなっていましたが、30分歩けるようになりました。

70代 男性 

旅行が趣味でよく行っていたのですが、徐々に歩ける距離が短くなってきていました。整形外科で牽引していましたがあまり変わらなかったので、知人の紹介できてみました。
先生はしっかり説明してくださるので納得して通えます。今では30分歩けるようになりました。

※個人の感想を掲載しております。効果を保証するものではありません

脊柱菅狭窄症で両国さいち整骨院が選ばれる理由

理由その1
徹底的なカウンセリングと検査で原因を探します

脊柱菅狭窄症には特徴的な症状があります。
症状の改善のためには、それぞれどこに問題があるのかを見つけ出していく必要があると考えています。

当院の場合では、初回の来院時にしっかりとお話を伺い、どこに問題があるのか、過去と現在をつなげて考えてあなたにとってどういった施術が必要なのかを導き出していきます。
その後、施術の経過によりどのように体の状態が変化していったのかを検証していきます。

そして再発しないようにするために必要な施術、メンテナンス方法を計画し実行していきます。

理由その2
専門性の高い技術と経験で的確な施術をします

当院には腰の痛みやしびれに対した整体プログラムがあります。

脊柱菅狭窄症でしびれや痛みが出ている方には、共通した問題点があります。それらの部分をしっかりと施術する必要があります。
ベースの部分をしっかりと施術し、下準備ができたら個別の問題点を解消していきます。

多くの経験といろいろな症状に合わせることのできる多彩な技術があるので、他院でも良くならなかったあなたの痛みでもお力になれます。

理由その3
国家資格を持った院長がすべての方に対応します

当院の施術はすべて国家資格を持った院長が行いますので、安定した施術を受けられます。

来るたびに施術者が変わってしまい、施術の内容や質が低くなるといった心配はありません。

前回までの施術内容を踏まえて次の施術を計画しますので、安心して施術を受けていただけます。わからない事やこれからの事などお気軽にお尋ね下さい。

多くの経験とそれぞれの症状に合わせることのできる多彩な技術があるので、あなたの脊柱菅狭窄症も早期改善を目指せます。

当院の整体がなぜしびれや痛みに効果があるのか?

当院の整体は、古来から受け継がれてきた古式整体をベースに様々な整体技術を組み合わせたオリジナルの整体法です。詳しくはこちら

一番大きな特徴は、一緒に動きながら治していくというところです。 施術者と患者様が一緒に動く目的としては

  • ・使われていなかった筋肉を使う
  • ・使うことで筋肉が元々持っていた働きを取り戻す
  • ・自分で動くので無理がなく痛める事がない
  • ・自分の問題点を意識することができる
  • ・治療の次のステップであるメンテナンスをある程度自分でできるようになる
  • ・一人で行うよりも二人で行うことで効果が二倍にも三倍にもなる

などです。

当院の整体では、左右のバランスを見て、動きの悪くなっている部分の「筋肉を使う」ことで、その部分を開放していきます。筋トレではなく、普段使えていない筋肉を使うように脳に指令を送るのです。

そうすることで、腰や足にかかる負担を減らすことができ、痛みやしびれを早期に改善できます。あなた自身に動いてもらうことで、揉みほぐすだけでは取り切れない筋肉の硬さや深部の筋肉にもしっかりとアプローチできるのです。

これが、一緒に動く整体を私の施術の基本にしている理由です。

施術を受ける前によくある質問

病院で手術をすすめられて迷っています。それでも良くなりますか?

当院では手術をすすめられた方でも、よくなった症例がございます。すべての方に対応できるわけではありませんが、一度ご相談ください。

保険は使えますか?

慢性症状の場合は健康保険の利用はできません。すべて自費での施術になります。

どれぐらいの通院回数が必要ですか?

症状や状態により個人差があります。

過去の実績を目安としてお伝えします。詳しくは下記をご覧ください。

通院回数と期間

長い時間を掛けて少しずつ悪くなってきた脊柱菅狭窄症は、ほとんどの場合、1回ですべての症状を改善することは難しいです。

通院回数や期間は、あなたの仕事や普段の生活などによって変わっていきますので、何回でどうなっていくというのは断言できませんが、過去の症例を記載いたしますので参考にしてみてください。

症例1 回数20回 期間70日間  男性70歳

整形外科で脊柱菅狭窄症と診断される。
リハビリで電気治療と牽引を半年続けたが、歩ける時間がどんどん短くなってきた。おしりから親指にかけてのしびれがひどく薬が手放せない。
友人の紹介で来院

施術経過:

1回目~6回目

週2回ペースで施術。親指のしびれは変わらないが、薬を飲まない日が増えてきた。

7回目~13回目

週1回ペースで施術。お尻の痛みはだいぶ軽減するが、歩行は10分ほどで辛くなる。

14回目~20回目

親指のしびれは残るが、20分歩行できるようになる。
その後メンテナンスで月に2回通院中。

症例2 回数15回 期間62日  女性67歳

歩くと5分ほどで痛みで歩けなくなるが、背中を丸めて休んでいると再び歩ける。
自転車ならば問題ないので、ほとんど自転車で移動。
真っ直ぐ立つのも辛くなってきたので、ホームページを見て来院

施術経過:

1回目~4回目

週2回ペースで施術。4回目終了時点で真っ直ぐ立てる時間が長くなる。

5回目~9回目

週1回通院。9回目終了時点でコルセットなしでも10分以上歩けるようになる。

10回目~15回目

15回終了時点で20分以上歩けるようになる。現在も通院中。

当院の実績では、最初に週2回ペースで通院してもらうことをオススメしています。最初の段階で、しっかりと施術を重ねることが重要です。 症状が落ち着いてきたら、週1回、10日に1回と間隔を伸ばしていき、最終的にはメンテナスとして月に1回ぐらいのペースでの通院を勧めています。

症状や年齢、生活スタイルによって回復具合は変わりますし、通院回数や期間も変わっていきます。まずは、問題なく日常生活が送れるように全力で取り組んでいきましょう。
症状が落ち着くと無理をしたり、自己判断で通院をやめてしまい症状がぶり返す方がみられます。
しっかりと通院して健康なカラダを目指しましょう。

整体料金

初回 8,800円(税込)

内訳

初回カウンセリング料 3,300円(税込)+施術料 5,500円(税込)


時間

初回は、症状の詳しい聞き取りや検査などをしっかりと行い、施術の内容をご説明いたします。
検査・説明に力を入れていますので、60~70分ほどお時間を頂いております。

2回目以降 5,500円(税込)

内訳

2回目以降は施術料5,500円のみ


時間

2回目以降は、30~40分ほどです。
状況により時間は前後します

※現金のみのお取り扱いになります。

慢性症状の場合、健康保険での施術はできません。詳しくはこちら

最後に院長から

脊柱菅狭窄症の方は、長い時間歩けなくなり、買い物がつらいとか旅行にいけなくなったなどのお悩みを抱えている方が多くおられます。
自宅に引きこもることなく、健康的な毎日を過ごすためにも、きちんと施術することをおすすめします。

当院は、あなたのお悩みに寄り添い、一日でも早く痛みのない生活が送れるように、全力で向かい合い施術します。
長い距離歩けない脊柱菅狭窄症でお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。
あなたに安心して施術を受けていただくために、誠心誠意、対応いたします。

あなたが一日でも早く脊柱菅狭窄症の悩みから解放され、健康で充実した毎日に戻れることを切に願っています。

症例一覧

投稿が見つかりません。