墨田区両国で腰痛・坐骨神経痛に特化した 両国さいち整骨院

03-6240-2776

定休:木曜日

03-6240-2776

営業時間 9時~13時 15時~20時 土日祝18時まで  

予約はお電話
にて受付

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアでお困りのあなたへ

当院の整体なら、腰痛に適した施術でその場で動きが良くなり痛みも和らぎます

こんな症状でお困りではありませんか?

  • お尻から足にかけてしびれ・痛みがある
  • 靴下を履こうとしたら激痛が走る
  • くしゃみをすると痛い
  • 立っているときよりも座っている時のほうが痛みが増す
  • 足を触ると部分的に感覚がおかしな感じがする
  • 痛みで真っ直ぐ立てずに体が斜めに傾いてしまう

このような症状でお悩みの方には、当院の整体がお力になれます。

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板やその周囲の筋肉・関節の機能が低下しています。
それらの機能を回復させるようにするのが第一目標です。

椎間板の構造やその周囲の働きを認識して施術するかで効果も変わってきます。
当院では、しっかりとした専門知識をもとに施術計画を立て、段階を踏んでカラダを回復させていきます。

両国さいち整骨院で腰椎椎間板ヘルニアを解決された方の喜びの声

腰と首のヘルニアでのしびれが段階を踏んで着実に症状が改善されていきました

40代 男性 

30代前半に長時間のデスクワークにより、腰と首のヘルニアを患い、左腕にもしびれを感じておりました。
日常生活においても、重い物を持つとぎっくり腰になりやすく、子供の抱っこも難しい状況でした。

痛みの原因を丁寧に教えて頂き、施術を受けることで段階を踏んで着実に症状が改善されていくことを実感しました。
姿勢が良くなるとともに、以前よりも首・腰の痛みを感じなくなり、いつでも子どもを抱っこ出来るようになりました。

今後も良い状態を継続するため、定期的に通いたいと思います。宜しくお願いします!

※個人の感想を掲載しております。効果を保証するものではありません

腰椎椎間板ヘルニアの特徴

腰椎椎間板ヘルニアはとても有名な病名で、「腰痛=腰のヘルニア」と認識されるほどです。
ヘルニアの急性期では日常生活に支障が出てしまうほどの激痛に襲われます。
その痛みは凄まじく、耐えられずにすぐにでも手術してほしいと懇願される方もいるほどです。

しかし実際には手術をしなくても保存療法で改善することができる疾患です。
まずは、その病態について説明していきます。


椎間板ヘルニアの特徴

脊柱菅狭窄症や梨状筋症候群など、足にしびれを引き起こす疾患はいくつかあります。
その中でも腰椎椎間板ヘルニアに見られる特徴を上げていきます。

  • ・好発年齢は20~40代
  • ・男女比は2:1で男性に多い
  • ・好発部位は腰椎4~5番の間、腰椎5~仙骨間、腰椎3~4番の順番

20~40代に多い理由としては、若い人は椎間板の中心にある「髄核」といわれる組織が弾力に富むため飛び出しやすいと考えられています。

男性に多い理由としては、肉体労働に従事する人が女性より男性に多いからです。
特に長時間運転するドライバーや運搬業務の方に多く見られます。

好発部位はL4~5が一番多く上部に行くほど少なくなります。
発生部位は年齢が若い人ほど下部に起こり、高齢になるほど上部になっていきます。

他の要因としては、喫煙や遺伝的要因も関係します。

知っておきたい椎間板の構造と機能

椎間板ヘルニアは、椎間板が飛び出して起こる疾患です。
では、椎間板はどのように飛び出すのでしょうか?まずは構造の説明からです。

椎間板の構造

椎間板は中心部にある「髄核」とその外を覆っている「線維輪」で構成されています。この髄核が線維輪を突き破った状態が椎間板ヘルニアです。

髄核は約80%が水分でできていて、加齢により水分量が減っていきます。
水分量が多いために弾性に富んでいます。

線維輪は髄核の周りを覆っていてコラーゲン繊維が豊富にあります。
前方は厚く強靭ですが、後方は前方より薄いために構造的に弱くなっています。
これが後方からの髄核の脱出(ヘルニア)が多い理由です。

また、椎間板は血管の分布がありません。栄養は周囲の組織に依存しています。
そのため加齢による退行性変性を起こしやすいといわれています。
これが若いうちから椎間板の機能低下が起こりやすい原因です。

椎間板の機能と役割

椎間板の機能でいちばん重要な働きは、荷重を分散し衝撃を緩和することです。

椎間板は上下の椎体(腰骨)を連結することで背骨の安定性を高めると同時に、荷重がかかったときにその負荷に抵抗しています。
髄核は前屈で後方に移動し、背屈で前方に移動することで荷重を逃しています。
線維輪は後方が弱くなっているのでヘルニアは後方に起こることがほとんどです。

椎間板に掛かる負荷を、立位が100とすると、前かがみで150、前かがみで重い物を持つと220になるといわれています。
線維輪は構造上、複合的な動きには弱くなっています。前かがみの姿勢(前屈)で重たいものを持ったまま(圧迫)体をひねる動作で最も負荷がかかります。
重たいものを持ち上げるときには、膝を曲げて腰をひねらないようにすることがヘルニアの予防になります。

痛みが起きる本当の理由

ヘルニアが神経を圧迫して痛みを引き起こすと言われていますが、実際にはそうではありません。

最近では、ヘルニアのある人のほうがヘルニアの無い人よりも多いと言われています。
しかし、腰椎椎間板ヘルニアのある人全員が腰痛持ちかというとそうではありません。
ヘルニアが無くても腰痛や足のしびれなどの症状のある人もいれば、ヘルニアがあってもなんの症状もない人もいます。
つまり、椎間板ヘルニア自体が症状を引き起こしているわけではないということです。

では、何が原因で痛みが出るのでしょうか?
神経の圧迫ではしびれを引き起こしますが痛みは別です。
痛みが出るのは神経が炎症を起こしている場合です。
ヘルニアを一次的な要因だとすると、ヘルニアが起こって組織(椎間板)が損傷したことによる炎症が二次的な要因です。
神経の痛みは、この二次的要因である組織の炎症によって引き起こされます。

この炎症を早めに取り除くために、椎間板にかかる負担を軽減することが重要になってきます。

椎間板ヘルニアは吸収される

椎間板ヘルニアは時間が立てば自然と吸収されます。飛び出た椎間板を異物と判断してマクロファージといわれる免疫細胞が食べてくれます。
たとえすべてが吸収されなくても、症状がなくなることがほとんどです。

現在、多くの場合で保存療法が選択されるのはこういったことがわかってきたからです。

危険な症状

椎間板ヘルニアの治療方法として保存療法が選択されるようになってきたとはいえ、手術を選択する場合もあります。

緊急性のある症状としては以下のものです。

  • 尿や便の失禁がある
  • 尿が出ない
  • お尻(肛門)の周りにしびれや火照る感じがある

この状態を放っておくと障害が残ってしまう場合がありますので、整形外科の受診をおすすめします。

腰椎椎間板ヘルニアをよくするために

椎間板ヘルニアの治療には、保存療法と観血療法(手術)があります。
現在、腰椎椎間板ヘルニアの80~90%では保存療法が選択されます。

手術での再発率は5年後で5~10%ほどあり、手術をしても足のしびれや腰の痛みなどの症状が残る方もいるからです。
こういったことから、殆どの場合で手術ではなく保存療法での治療が優先されます。

保存療法で必要なこと

椎間板は、脊骨の安定性の維持と衝撃を吸収するクッションの役割を担っています。
椎間板ヘルニアは、椎間板に必要以上の負荷がかかることでおこります。
椎間板への負担を減らすようにすればよいのです。
そのためには、①腰部の筋肉の緊張を取る ②椎間板に負担のかからない姿勢を作る ということが大切になってきます。
当院の施術ではこの部分に重点を置いて施術していきます。

腰部の筋緊張を取る

椎間板に負担をかけないためには腰の筋肉を動けるようにしておく必要があります。腰の筋肉が固くなっていると椎間板や関節に負担がかかってくるからです。

椎間板に負担のかからない姿勢を作る

椎間板に掛かる負荷は、姿勢の変化によって大きくかわります。椎間板に負担のかからない姿勢を作っていくことが重要になります。

どれぐらいの通院回数が必要ですか?

椎間板ヘルニアといっても人により痛み方や原因が違ってきます。
痛くなるまでの期間も、短い期間で急に痛みだした人と長い時間かかって徐々に痛くなった人もいます。理由も違えば生活スタイルも違うので、同じ期間同じ施術を受ければ同じように良くなっていくわけではありません。

ほとんどの場合では、1回ですべての症状を改善することは難しいです。
通院回数や期間は、あなたの仕事や普段の生活などによって変わっていきますので、何回でどうなっていくというのは断言できませんが、過去の症例を記載いたしますので参考にしてみてください。

症例1 回数11回 期間34日間 レジ打ちパート 女性40歳

スーパーのレジ打ちをしていて慢性的な腰痛があった。右のおしりからふくらはぎの外側にかけて、痛み寝返りをすると激痛が走る。同じ姿勢を長時間できない

施術経過:

1回目

寝返りはきついが立ち上がるときの痛みが軽減。

2回目~5回目

2~4回目までは症状に大きな変化はなかったが、5回目終了後にどの姿勢でも眠れるようになる

6回目~11回目

7回目終了時点で寝返りが怖くなくなり、9回目でほぼ痛みが引いていたが念のためもう少し様子を見ることに。週2回、合計11回で日常生活に問題ないレベルになる。現在は月に1回メンテナンスで通院。

症例2 回数21回 期間78日 工場勤務 男性44歳

1日中立ち仕事で腰痛と足のしびれがあり、1ヶ月前から足がつけないほど痛くなる。同じ姿勢を長時間できない状態で来院。

施術経過:

1回目~6回目

週2回のペースで通院してもらう。1~3回目までは症状に大きな変化はなかったが、6回目終了後腰の痛みが緩和。

7回目~14回目

週1回のペースで通院。10回目終了時点でしびれが気にならなくなり、14回目で仕事終わりの痛みが出なくなる。

15回目~21回目

18回目で仕事中に走れるようになる。合計21回で日常生活に問題ないレベルになる。

当院の施術実績では、最初に5~6回ほど集中して通院されることをおすすめしています。
症状や年齢、生活スタイルによって回復具合は変わりますし、通院回数や期間も変わっていきます。まずは、問題なく日常生活が送れるように全力で取り組んでいきましょう。

症状が落ち着くと無理をしたり、自己判断で通院をやめてしまい症状がぶり返す方がみられます。
しっかりと通院して健康なカラダを目指しましょう。

整体料金

初回 8,600円(税込)

内訳

初回カウンセリング料 3,200円(税込)+施術料 5,400円(税込)


時間

初回は、症状の詳しい聞き取りや検査などをしっかりと行い、施術の内容をご説明いたします。
検査・説明に力を入れていますので、60~70分ほどお時間を頂いております。

2回目以降 5,400円(税込)

内訳

2回目以降は施術料5,400円のみ


時間

2回目以降は、30~40分ほどです。
状況により時間は前後します

※現金のみのお取り扱いになります。

最後に院長から

私自身も、足のしびれや腰の痛みに10年以上悩まされてきました。だから、なかなか表現できないつらさや症状がとてもよく分かります。

当院は、あなたが足腰の痛みを改善し、一日でも早く健康な生活が送れるように、あなたの椎間板ヘルニアに全力で向かい合い施術します。
どこへ行けばいいのかわからない、もう治らないと諦めている。と、一人で悩まずに、ぜひ当院にご相談ください。
あなたに安心して施術を受けていただくために、誠心誠意、対応いたします。

あなたが一日でも早く足腰の痛みから解放され、健康で充実した毎日に戻れることを切に願っています。

症例一覧

産後の腰痛で通院されていた方から口コミをいただきました。

妊娠前からあった慢性的な腰痛が、産後に悪化してしまって悩んでいたママさんから口コミをいただきました。30代 女性当院に来られる前はどんな症状でお困りでしたか?もともと慢性的な腰痛があったのですが、妊娠・出産を機に悪化。横になっていても痛みが続き、眠っていても体が休まらない状態でした。また、子どもを抱っこしていると右側の
続きを読む
コメントなし

子連れ整体できます

出産後、腰痛や股関節の痛み、足のむくみなど体の不調で困っているけれど子供を預けられないから自分の体は後回し。ツラい体で育児を頑張っているという方はたくさんいらっしゃます。そんなママさんにも気軽に利用して頂けるように、当院では赤ちゃんと一緒に整体を受けていただけます。施術用のベッドの上ではなく、フロアに専用のマットを敷い
続きを読む
コメントなし

まっすぐ立てているつもりでも

来院された方には姿勢の写真を取らせてもらうことが多いのですが、みなさんご自分の立ち姿を見て驚かれます。みなさんまっすぐ立てているつもりでも、写真で見ると斜めになっていたりねじれていたり。この写真の方も、後ろから見た写真だと体全体が左に傾いているのがわかります。初回の説明のときに「これが真っ直ぐですよ」と正しい位置に身体
続きを読む
コメントなし

産後の骨盤矯正で通院された方の口コミ

産後の腰痛と妊娠前のジーンズが履けなくなっていた方から口コミをいただきました。30代 女性当院に来られる前はどんな症状でお困りでしたか?産後、体重は産前まで戻ったものの体型が変わってしまい、ジーンズが履けなくなってしまっていたのと、腰痛が辛かったです。当院の施術を受けられていかがでしたか?マンツーマンなので、他の方に気
続きを読む
コメントなし

妊娠中に仰向けになれないほどの腰痛

妻が妊娠しているときも「腰痛い、股関節痛い、恥骨が痛い、足がむくむ」と言われ自宅で施術しましたが、最近、仕事でも妊婦さんの施術をする機会が増えてきました。半年前から通院されていた妊婦さんは、旦那さまの紹介で来院されました。最初は、仰向けで寝ているだけでも腰が痛くて、夜中に何度も目が覚めるというぐらいひどい状態でした。仰
続きを読む
コメントなし

産後の腰痛で来院された方から口コミをいただきました。

産後の腰痛で来院された方に口コミをいただきました。30代 女性当院に来られる前はどんな症状でお困りでしたか?もともと慢性的な腰痛があったのですが、妊娠、出産を機に悪化。横になっても痛みが続き、眠っていても体が休まらない状態でした。また、子どもを抱っこしていると右側の背中が痛み、つらい状態が続いていました。当院の施術を受
続きを読む
コメントなし

船橋から通ってくださっている方からの口コミ

開業前からお世話になっている患者さんです。私が両国に開業してからも、わざわざ船橋から通ってくださっています。最初の頃は、首と腰のつらさで通われていました。最近はだいぶ良くなり、メンテナンス目的で月に1~2回ぐらいのペースで通院されています。わざわざ遠いところを通ってくださるのは、大変ありがたいですよね。60代  男性当
続きを読む
コメントなし

寝起きの腰痛はお腹の筋肉が原因

起きる時に腰に痛みを感じてしまうと、朝から憂鬱になってしまいますよね。 今回は、朝の寝起きの腰痛についてです。 なぜ、寝起きに腰が痛くなってしまうのか? ポイントとなるのは筋肉です。 筋肉は、使っていると疲労がたまり固くなります。 固くなった筋肉は、動きが悪くなり血流量も下がるので発痛物質が発生し、腰痛が起こります。
続きを読む
コメントなし

立ち仕事での腰の痛みとお腹の張りでお悩みの方からの口コミ

口コミをいただきました。立ち仕事での腰痛と背中・お腹のハリにお悩みの方です。初回から効果を実感していただけて、体が軽いとびっくりされていました。立ち仕事の場合、腰だけでなく足からアプローチしていくと良い結果が得られることがあります。お腹が張ってしまう感じも減ってきて大変喜ばれています。60代 女性当院に来られる前はどん
続きを読む
コメントなし

腰痛持ちの方が荷物を持つ時に気をつけること

「出張で重たい荷物を持って移動していたら腰が痛くなった」と来院された方がいました。 その方は、慢性的な腰痛に悩んでいて普段から気をつけてはいたそうなのですが、今回は少しずつ痛みが強くなってしまったとのことです。 腰痛持ちの方は、自分の体を守るためにも、腰に負担のかからない体の動かし方や荷物の持ち方を心がけることが必要で
続きを読む
コメントなし

デスクワークで腰が痛くなるのはなぜ?

今回は、デスクワークにでおこる腰痛についてです。 長時間のデスクワークで肩こりになるイメージはあると思います。 実際に肩こりでお悩みの方は多くいらっしゃいますが、実は腰痛でお悩みの方も結構いるのです。 一般的には、重たいもの持つ重労働者の方や立ち仕事の方は腰に負担がかかっているイメージはありますが、座っている状態のとき
続きを読む
コメントなし

首肩の痛み

現在通院中の方に施術の感想をいただきました。最初は肩の痛みで来院されました。上着を脱ぐ時やカバンを肩にかける動作での痛み。上着がスムーズに着れるようになると首や腰のつらさも気になるようになりましたが、まだ痛みが残っているので継続して通院中です。肩だけでなく首や腰がつらくなる事があるので、その都度つらい部分を施術していま
続きを読む
コメントなし

立ち仕事で起こる腰痛は足をケアすると効果的

座っているとそうでもないけど、長時間立っていると腰が痛くなりませんか?そんな腰痛は、腰が原因ではなく足に原因があるのかもしれません。「仕事で長時間立っていると腰が痛くなるけど、動き出すと少しましになるから大丈夫」と思っている方も、腰に痛みを感じている時点で決して良い状態ではないので気をつけましょう。腰は負担がかかりやす
続きを読む
コメントなし

産後3ヶ月で横になっていても痛かった腰痛と産後骨盤矯正

こんにちは、両国さいち整骨院の馬場です。症例ブログ、今回は産後の腰痛・骨盤矯正です。■来院された方:31歳・女性■主な症状:腰の痛み、特に寝起きや夜中に寝返りをする時に痛い。産後残り4kgが痩せない。 目次1 来院までの経緯2 初回来院時の主な悩み3 初回来院時の体の状態4 施術経過5 院長から 来院までの経緯 妊娠前
続きを読む
コメントなし

まっすぐ座れない坐骨神経痛

こんにちは、両国さいち整骨院の馬場です。症例ブログ、今回は椎間板ヘルニアです。■来院された方:41歳・女性■主な症状:お尻の痛み、足のしびれ 目次1 来院までの経緯2 初回来院時の主な悩み3 初回来院時の体の状態4 施術経過5 院長から 来院までの経緯 数年来の腰痛があり、マッサージなどで対処していた。4ヶ月前に腰の痛
続きを読む
コメントなし

ぎっくり腰の対処法

ぎっくり腰になってしまったらぎっくり腰になってしまったらどのような対処をすれば良いのか? 注意点をまとめてみました。自宅または職場でしておくことや、 痛みが収まるまでしてはいけないことなどをお伝えします。   目次1 自分でできること1.1 ①動ける範囲で動く1.2 ②横になるときは痛い方を上にして横向きか仰向けで膝を
続きを読む
コメントなし

腰椎椎間板ヘルニアの足のしびれ

こんにちは、両国さいち整骨院の馬場です。当院で整体を受けられて良くなられた方をご紹介する症例ブログ、今回は椎間板ヘルニアです。■来院された方:45歳・男性■主な症状:足のしびれ、腰の痛み 目次1 来院までの経緯2 初回来院時の主な悩み3 初回来院時の体の状態4 施術経過5 院長から 来院までの経緯 6年前に腰の痛みと左
続きを読む
コメントなし

車の運転中に力が入らなくなった足と腰の痛み

こんにちは、両国さいち整骨院の馬場です。当院で整体を受けられて良くなられた方をご紹介する症例ブログ、今回は運転中にでる足の痛みです。来院された方:71歳・男性■主な症状:運転をしていると足に痛みが出る、腰の動作時痛 目次1 来院までの経緯2 初回来院時の主な悩み3 初回来院時の体の状態4 施術経過5 院長から 来院まで
続きを読む
コメントなし

腰椎すべり症からくる足のしびれ

こんにちは、両国さいち整骨院の馬場です。当院で整体を受けられて良くなられた方をご紹介する症例ブログ、今回は腰椎すべり症での足のしびれです。来院された方:54歳・女性■主な症状:足のしびれ、腰の痛み 目次1 来院までの経緯2 初回来院時の主な悩み3 初回来院時の体の状態4 施術経過5 院長から 来院までの経緯 40代の頃
続きを読む
コメントなし

妊娠中の恥骨の痛み

こんにちは、両国さいち整骨院の馬場です。当院で整体を受けられて良くなられた方をご紹介する症例ブログ、今回は妊婦さんの恥骨の痛みです。■来院された方:32歳・女性■主な症状:歩行時の恥骨の痛み・寝返りや起き上がるときの腰痛 目次1 来院までの経緯2 初回来院時の主な悩み3 初回来院時の体の状態4 施術経過5 院長から 来
続きを読む
コメントなし

ストレッチ後に発生した腰痛

こんにちは、両国さいち整骨院の馬場です。当院で整体を受けられて良くなられた方をご紹介する症例ブログ、今回はストレッチ後に発生した腰痛です。■来院された方:56歳・男性■主な症状:右腰の痛み 目次1 来院までの経緯2 初回来院時の主な悩み3 初回来院時の体の状態4 施術経過5 院長から 来院までの経緯 普段から腰痛で通院
続きを読む
コメントなし

まっすぐ座れないお尻の痛み

こんにちは、両国さいち整骨院の馬場です。当院で整体を受けられて良くなられた方をご紹介する症例ブログ、今回はお尻の痛みです。■来院された方:54歳・男性■主な症状:坐骨を圧迫したときの痛み、椅子に座っていられない 目次1 来院までの経緯2 初回来院時の主な悩み3 初回来院時の体の状態4 施術経過5 院長から 来院までの経
続きを読む
コメントなし

ゴルフのスイングでのぎっくり腰の症例

こんにちは、両国さいち整骨院の馬場です。当院で整体を受けられて良くなられた方をご紹介する症例ブログ、今回はぎっくり腰です。■来院された方:41歳・男性■主な症状:ぎっくり腰 目次1 来院までの経緯2 初回来院時の主な悩み3 初回来院時の体の状態4 施術経過5 この方にいただいた感想6 院長から 来院までの経緯 会社員の
続きを読む
コメントなし